児童が幼稚園でお花を育てている。講習にあなたおんなじものを育てていてデイリー水やりや手当てをがんばっている。近年、幼稚園の先生から伝達がありました。それは、うちの児童の苗だけ元気がないそうです。そのことを聞いて、児童に聞いてみました。

「水はしっかりあげてるの?」すると児童は、「あげてるよ!ちょっとだけ」どうも水でずぶ濡れにするといじけるんじゃないかと恐れてちょっとしか水をあげてなかったようです。何やかや調べて、「水はこれくらいあげるんだよ。わからなかったら先生に聞いてみたら?」とわたしが言うと、「はずかしくて聞けない・・・」と元気がなくなってしまいました。

事後花のテーマは丸ごと忘れて、夜になりました。夕刻、寝ていると大きな音が聞こえてきました。それは児童の音だ。「う〜ん・・・わからん・・・どれくらいあげればいいかわからん・・・うぅ・・・」水の譲るかさがわからないという内容の寝言を言っていました!そ、そこまで悩んでしまっていたのとは。

早朝、「夕刻、どうしたの?」と聞くと、「?なんの事件?」と不思議そうでした。皆目覚えていなかったようですが、児童の悩みを知ってしまったので一緒に解決していこうと思います!お金借りるならどこ

風などについて勉強しました。回転している円板上で運動する物体の動きを円板上で円板とともに回転しながら見ると、物体にはその進行方向を曲げようとする力がはたらいているように見えます。この力を転向力(またはコリオリの力)といいます。地球上では、物体や風の進路が観測されます。風の吹き方は、基本的に気圧傾度力と転向力および大気と地表の間の摩擦力で決まります。転向力は北半球では物体の進行方向に直角右向きに、南半球では直角左向きにはたらきます。転向力の大きさは赤道では0で高緯度ほど大きく、また物体の速度が大きいほど大きくなります。地上から約1kmより高いところでは、大気と地表の間の摩擦の影響がありません。そのような上空での風の吹き方は、気圧傾度力と転向力の2つの力で決まります。すなわち、低圧部へ向かってはたらく気圧傾度力と、北半球では風に対して直角右向きに、はたらく転向力とがつり合った状態で、風は等圧線に平行に吹きます。このような風を地衡風といいます。とても勉強になりました。酵素 販売

ポストに地元の小学校の新聞が定期的に入れられるのですが、新任先生の紹介という記事があり、見てみると、どうも今の小学校は6年生まで各2クラスしかないようです。しかも1クラス30人だけ。私の頃は1学年4クラスでしかも1クラスあたり40人いましたから、少子化と言われているのが分かりますね。まさかこんなに少なくなったとは。これ、将来相当の打撃ですよね。半分以上減っているのですから、労働力が一番影響あるでしょうね。だからロボット化しまくってるんですかね。私個人的にはどんどん少なくなってほしいですね。こんな狭い国に人がいすぎですよ。道路なんて渋滞ばかりですから。ただ年金問題とかでは別ですけど。これからもっと大変ですよ。結局、一人っ子にしている理由はみんな、国のせいにしているけど、違うんですよ。贅沢できなくなるのが嫌なんですよ。子供が増えればそれだけ金銭的に節約しなきゃだけど、一人なら楽ですから。私は絶対そう思います。市販酵素